一人で死んだら後のことはどうなる? おひとりさま信託とは

財産や荷物の整理、葬儀やお墓の意思表示などを行う終活。高齢化に伴い、終活市場は年々拡大しています。一方で、現在の終活は「残された家族が苦労しないように」といった側面が強く、家族の在り方が多様化する中で変化するニーズに対応しきれていないのも現状です。

そんな中、12月17日に三井住友信託銀行がおひとりさまのための終活サポート「おひとりさま信託」をスタート。未婚や既婚に関係なく、個人の具体的な終活を一括管理するサービスだそう。どのようなサービスなのか、同日に行われた記者会見を取材しました。

資金管理と終活をワンストップ対応

三井住友信託銀行株式会社 人生100年応援部 部長の谷口佳充さんによると、「おひとりさま信託」は、営業店で日々高齢の単身者から葬儀や墓地といった、死後事務の不安を身近で聞いている社員から生まれたアイデア。三井住友信託銀行が窓口となり、生前の終活だけでは実現が難しい死後事務についても一括管理するのだそう。

一般的な終活では、葬儀や埋葬、家財整理やデジタル遺品、形見分け、ペットの世話など、それぞれの項目ごとに別の会社やサービスに相談する必要があります。

「おひとりさま信託」は、そうした死後事務を三井住友信託銀行と、同社が中心となって昨年11月に設立した一般社団法人安心サポートが一括で請け負うことで、資金管理と終活をワンストップ対応するものです。

全文はソース元で

出典: 「おひとりさま」で死んだら後のことはどうなる? 終活サポート信託とは _ LIMO _ くらしとお金の経済メディア

  • コメント: 19

関連記事

  1. もう人事ではありません! 老年期に破産するとどうなりますか?

  2. スマートフォンでの動画視聴は5年で4倍になりました/スマートフォンの使用率は50〜60年代で急上昇

  3. 墓じまいを経験した回答者の95%が、墓を閉じるのは良いと答えました。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。